buy viagra online valium buy adderall online adipex online

ホーム > 栗山さいとう眼科からのお知らせ > 平成26年4月からの医療費について

平成26年4月からの医療費について

平成26年4月からの医療費について

2014年4月1日

70歳から75歳未満の高齢者の患者様の医療費についてですが、あまり報道で大きく取扱いされていないので、あらためてお伝えさせていただきます。

外来受診時の窓口負担の割合は 一律 2割という意味合いで報道されておりますが、実はこれは間違いです。

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

  • 70歳の誕生月の翌月(ただし、1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担割合が2割になります。例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割負担になります。
  • 一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
  • 窓口負担額には毎月の負担上限額が定められていますが、70歳から2割負担となる方は、69歳までと比べて上限額が下がります。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(誕生日が昭和19年4月1日までの方)

  • 平成26年4月以降も医療費の窓口負担割合は1割のまま変わりません。
  • 平成26年3月2日~4月1日に70歳の誕生日を迎える方は、これまでの3割負担から1割負担になります。
  • 一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。
  • 窓口負担額における毎月の負担上限額も変わりません。

以上のように一定の所得のある高齢者の方(3割負担)や 4月2日以降70歳になる方(2割負担)以外は 受診時の自己負担は1割負担のままですので ご注意くださいませ。また 4月2日以降70歳になる方もそれまでの自己負担が3割ですので2割に自己負担率が下がることになります(平成26年5月の受診から)。

ページの上部に戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
buy viagra online valium buy adderall online adipex online